お知らせ

河北新報で、農福連携サポーター養成講座を紹介していただきました。

2022年4月1日の「河北新報」の「農福連携 宮城の現場から」の特集記事にて、当法人で主催した「農福連携サポーター養成講座」(3月16日実施)の様子が紹介されました。

 

関連の事業

ソーシャルファーム

「農には人をリカバリする力がある」中間的就労支援として、若者の自立支援をおこなうNPO団体などと連携をとりながら、心身に不調を抱え、就労が困難な方とともに農作業をしています。農業は、四季の移り変わりや、命の成長を直に触れることのできるお仕事です。北上町の豊かな自然に囲まれながら、種を撒いたり、除草をしたり、近所の農家さんのお手伝いに行ったり、収穫をしたり、季節や天候に応じた作業をおこないます。普段の支援所のなかでは気付きにくかった利用者さんの特性などを見出し、就労に向けて次のステップへの助走となるよう、サポートをさせていただいております。イシノマキ・ファームの起源ともいえる活動です。農業を通して、少しでも、社会へ繋がるきっかけが増えますように私たちは活動しております。代表高橋への講師依頼についてはお問合せフォームよりご依頼くださいませ。SUPPORTER(50音順)NPO法人ETIC認定NPO法人 Switch日本郵政株式会社一般社団法人日本農福連携協会

視察・研修・講演について

石巻で農業・ソーシャルファームに触れ、学ぶ時間。一般社団法人イシノマキ・ファームでは農作業やクラフトビール事業を通じて中間的就労支援やソーシャルファームを運営しております。農業を通じて地域社会活動に関する視察の受入、講演活動を行っております。■公演・研修実績(順不同)・東北人事院・東北大学管理職研修やフィールドワーク等、ご希望に沿って実施いたします。■時間・料金について講演 100,000円(税抜)~視察 2時間10名迄 30,000円(税抜)~詳しくはお問い合わせフォームからお問合せくださいませ。

農村留学

山、畑、田んぼ、川、すべてがまなび場。石巻の自然の中、いつもと 少し違う環境の中で小さなチャレンジをしてみる。はじめましての人と話したり、何かを一緒にしてみる。そのような中で、自分の「できる」や「すき」に気が付き成長できるプログラムです。農村留学では、野菜の収穫体験やご飯づくりなどの体験とあわせ、様々な方を講師に招き、自然やものづくり、生き物などについて学びます。これまでには、猟師、生き物博士、ヨガのインストラクターなどが講師として参加し、新しい気づきや成長のきっかけを一緒につくってきました。石巻で自然に囲まれながら、自分のやりたいことや将来について考えてみませんか?開催は不定期ですが、興味のある方はお気軽にお問合せくださいませ。SUPPORTERNPO法人地球元気村

関連の活動

都会から離れた石巻市に移住して暮らす。